読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス旅行のまとめ-その6-

最終日です。

 

移動日 なので、
9:00 ホテル発
10:00 ヒースロー着
11:45 ヒースロー発→機内翌日へ
2016年9月22日木曜日
7:20 羽田着

という感じです。

 

最終日は移動日でした。

荷物は前日夜にまとめていたので、最低限の片付けてチェックアウト。

チェックイン時にデポジットした£30がどうなったのか確認するの忘れました...

 

Paddington駅からヒースローコネクトで移動。

初日もこれを使えば良かったと思える便利さであっという間に到着。

出国手続きも滞りなくすすめる事ができました。

出国前に残った現金を使い切ろうと思ったのですけど、なんとなく使えず終了w

上司にブランデーでも買えばよかったと帰国後にちょっと後悔。

飛行機が離陸したあとは特になにもなかったですけど、なさ過ぎて退屈w

事前に持ち込んだ文庫は往路で読み終わってるし。

映画なんぞを見ながら寝ながら過ごして、無事帰国。

遅れもなく順調そのもの。

羽田到着時はすごい雨で、自宅最寄り駅まで移動しても雨。

仕方なくスーツケースから折りたたみ傘を出して帰宅。

 

充実してたけど疲れた。そんなイギリス旅行でした。

 

ーーーーーーーーーーまとめーーーーーーーーーー

・事前に調べておいた事は、概ね無駄にならなかったです。

事前調査は重要。心構えができるだけでも違うと思う。

・ロンドン市内の観光が中心ならロンドンパスは事前に購入すべき。

私の場合は元をとれなかったですけど、寺院関係はほぼ有料なので、観光地中心なら損はしないと思います。

オイスターカードは事前に準備を

旅行者用のカードが有効期限なしなので、事前に購入しておくことをおすすめします。

滞在5日でそこそこ使いましたが、いちいちチケットを購入しなくて良いので楽です。

ただ、残金を確認するのが面倒なので(改札の残金表示が恐ろしく小さい文字)チャージ忘れにだけ気をつけましょう。

・長距離移動列車のチケットは事前手配

NationalRailsのサイトから事前に購入できるので手配しておくのがおすすめ。

発券手続きはあるものの、購入時の手間が減るだけでも違いは大きいと思います。

あと、発券機によってカードの読み込み精度が違うので、うまくカードが認識されなかったら発券機を変更して試しましょう。

・移動はスニーカーをおすすめします

ロンドン市内の道は整備されているんですけど、ちょっと古い区画だと石畳的な通路が結構あって、それがまたすごくボコボコしてて歩きにくいです。

ヒールや堅い靴底だと段差に足を取られて大変だと思います。

あと、以外に「歩けそう」って距離に目的地があって、うっかり歩いちゃいますw

なので歩きやすいように気をつけた方が良いと思います。

・現金は3万もあれば十分

私は3万でしたが、実質2万ちょっとくらいしか使いませんでした。

主に食品系で使ったのですが、それすらカードでOKなので、現金を持つ意味はあまりありません。

強いて言えば、公共のトイレを利用する場合は30ペンスくらい必要なので、そのための小銭が必要なくらいでしょうか。

1万円位を£10札と残りを小銭にする感じ十分じゃないかと。

必要ならディスペンサーを使えば良いですしね。

・食事は基本おいしくありませんw

サンドイッチを不味く作れる国だという事を認識しておくべきです。

「イギリス=めし不味」ってネタでしょ?と思っていたのですが、今ははっきりと事実だと認識しています。

美味しいものが食べたければ、インド料理、中華、ファストフードをおすすめします。

イングリッシュブレックファーストはネタで1度食べれば十分だと思います。

フィッシュ&チップスも素材の味”しか”しないので不味くはないけど美味しくもありません。これもネタですねw

帰国して食べた吉野家の牛丼がくっそ旨くて涙するレベルなので覚悟してください。

グラストンベリーに行きたかった

日程の関係で断念したけど、あと1日あれば必ず行ったのになーの、イギリス屈指のパワースポットです。

次回の訪問では絶対行きます。