escape-r3-wot’s diary

旅行、戦車(WoT)、バイク(400X)などなど。

イギリス旅行のまとめ-その6-

最終日です。

 

移動日 なので、
9:00 ホテル発
10:00 ヒースロー着
11:45 ヒースロー発→機内翌日へ
2016年9月22日木曜日
7:20 羽田着

という感じです。

 

最終日は移動日でした。

荷物は前日夜にまとめていたので、最低限の片付けてチェックアウト。

チェックイン時にデポジットした£30がどうなったのか確認するの忘れました...

 

Paddington駅からヒースローコネクトで移動。

初日もこれを使えば良かったと思える便利さであっという間に到着。

出国手続きも滞りなくすすめる事ができました。

出国前に残った現金を使い切ろうと思ったのですけど、なんとなく使えず終了w

上司にブランデーでも買えばよかったと帰国後にちょっと後悔。

飛行機が離陸したあとは特になにもなかったですけど、なさ過ぎて退屈w

事前に持ち込んだ文庫は往路で読み終わってるし。

映画なんぞを見ながら寝ながら過ごして、無事帰国。

遅れもなく順調そのもの。

羽田到着時はすごい雨で、自宅最寄り駅まで移動しても雨。

仕方なくスーツケースから折りたたみ傘を出して帰宅。

 

充実してたけど疲れた。そんなイギリス旅行でした。

 

ーーーーーーーーーーまとめーーーーーーーーーー

・事前に調べておいた事は、概ね無駄にならなかったです。

事前調査は重要。心構えができるだけでも違うと思う。

・ロンドン市内の観光が中心ならロンドンパスは事前に購入すべき。

私の場合は元をとれなかったですけど、寺院関係はほぼ有料なので、観光地中心なら損はしないと思います。

オイスターカードは事前に準備を

旅行者用のカードが有効期限なしなので、事前に購入しておくことをおすすめします。

滞在5日でそこそこ使いましたが、いちいちチケットを購入しなくて良いので楽です。

ただ、残金を確認するのが面倒なので(改札の残金表示が恐ろしく小さい文字)チャージ忘れにだけ気をつけましょう。

・長距離移動列車のチケットは事前手配

NationalRailsのサイトから事前に購入できるので手配しておくのがおすすめ。

発券手続きはあるものの、購入時の手間が減るだけでも違いは大きいと思います。

あと、発券機によってカードの読み込み精度が違うので、うまくカードが認識されなかったら発券機を変更して試しましょう。

・移動はスニーカーをおすすめします

ロンドン市内の道は整備されているんですけど、ちょっと古い区画だと石畳的な通路が結構あって、それがまたすごくボコボコしてて歩きにくいです。

ヒールや堅い靴底だと段差に足を取られて大変だと思います。

あと、以外に「歩けそう」って距離に目的地があって、うっかり歩いちゃいますw

なので歩きやすいように気をつけた方が良いと思います。

・現金は3万もあれば十分

私は3万でしたが、実質2万ちょっとくらいしか使いませんでした。

主に食品系で使ったのですが、それすらカードでOKなので、現金を持つ意味はあまりありません。

強いて言えば、公共のトイレを利用する場合は30ペンスくらい必要なので、そのための小銭が必要なくらいでしょうか。

1万円位を£10札と残りを小銭にする感じ十分じゃないかと。

必要ならディスペンサーを使えば良いですしね。

・食事は基本おいしくありませんw

サンドイッチを不味く作れる国だという事を認識しておくべきです。

「イギリス=めし不味」ってネタでしょ?と思っていたのですが、今ははっきりと事実だと認識しています。

美味しいものが食べたければ、インド料理、中華、ファストフードをおすすめします。

イングリッシュブレックファーストはネタで1度食べれば十分だと思います。

フィッシュ&チップスも素材の味”しか”しないので不味くはないけど美味しくもありません。これもネタですねw

帰国して食べた吉野家の牛丼がくっそ旨くて涙するレベルなので覚悟してください。

グラストンベリーに行きたかった

日程の関係で断念したけど、あと1日あれば必ず行ったのになーの、イギリス屈指のパワースポットです。

次回の訪問では絶対行きます。

 

 

 

 

イギリス旅行のまとめ-その5-

5日目です。

 

明日、ロンドンを離れますので、実質最終日ということになります。

 

5日目の予定は

ロンドン塔
タワーブリッジ(と巡洋艦ベル)
時計塔
ウェストミンスター寺院・宮殿
バッキンガム宮殿
です。

 

まずはロンドン塔です。

途中乗り換えを間違えて、想定より遅く到着。

f:id:escape-r3-wot:20161016215112j:plain

ロンドン塔の北側の外壁です。

地下鉄駅出口からだと、こっち側に出るはず。

んで、ワーブリッジ方面から回った川沿いにロンドンパスの入場口があるとの情報だったので無います。

 

..が見つかりません。

結局普通に一般入場口から入場。遠回りしただけでしたw

f:id:escape-r3-wot:20161016215416j:plain

テムズ川からの眺め。正面のゲートは団体用の入り口兼、一般出口です。

f:id:escape-r3-wot:20161016215447j:plain

中はこんな感じ。

事前情報だとすげー混雑するって話だったけど、まったくそんな事なかった。

とはいえ、王家のお宝エリアにはすごい人だかりだった。

ざっくり1時間ちょいかけて内部を一回り。

 

で、またタワーブリッジ方面に向かいます。

f:id:escape-r3-wot:20161016215305j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161016215753j:plain

橋にこんな装飾必要か?というくらいゴテゴテ。

f:id:escape-r3-wot:20161016215919j:plain

そのまま橋をわたって、テムズ川沿いにロンドン橋方面に移動。

 

 

f:id:escape-r3-wot:20161016220048j:plain

これはベルファスト第二次世界大戦中の巡洋艦らしいです。

あまり船には興味がないものですみません。

f:id:escape-r3-wot:20161016220201j:plain

で、これがロンドン橋。

ロンドン橋落ちた♩のあの歌の橋はこれです。

タワーブリッジと勘違いしている人が多いらいいですね。

 

さらに川沿いにすうんでWalterloo駅を抜けます。

ちなみに、Waterloo 駅のWaterloo とは、ナポレオンで有名なワーテルローの戦いにちなんで名付けられたとか。真偽不明ですがw

あと、ジェイソン・ボーンさんの映画でも登場したところ。

で駅を抜けた先には!

f:id:escape-r3-wot:20161016220721j:plain

これぞ、ザ・イギリスって感じですね。

f:id:escape-r3-wot:20161016220839j:plain

マジすごい。

某所の時計台とか雑すぎてがっかりハンパないですけど、こっちは本物w

装飾とんでもなく精巧にできてて圧巻。

私の腕で撮影したくらいじゃ伝わらんと思うので、是非実物をみてほしい。

 

f:id:escape-r3-wot:20161016221048j:plain

で、ウェストミンスター宮殿。

テムズ川側の装飾もすごいけど、こっち側もえらいことになってます、

f:id:escape-r3-wot:20161016221328j:plain

こっちはウェストミンスター寺院の入り口。

内部は撮影NGなのでここだけ。

ロンドンパスで普通に入れます。

寺院って事で、ある程度きちんとする必要があって、入り口で守衛さんに「帽子をとってください」って言われます。というか言われました。

入るときのとればいいやと思ってスルーしたら「サー、とってください」とまさかのだめ押しw もちろんとりましたとも。

入り口も中もそこそこ混でましたけど、それなりにゆっくりすることができました。

日本語の音声ガイダンスの貸し出しもあって、普通に見て回れます。

時間的には1.5Hか2.0Hくらいかかるもんだと思った方が良い感じ。

歴代の王の棺やニュートンシェイクスピアなどなどもここです。

 

最後にバッキンガム宮殿です。

f:id:escape-r3-wot:20161016221813j:plain

いやー。王家パワーはすごいね。

そしてすごいひとだかり。

自分ちがここだとして、毎日自分ちの前にこんなに人が来ると思うとうんざりすると思うんだけど、王家って大変なんだなーって、見当違いの事を考えてました。

f:id:escape-r3-wot:20161016222032j:plain

偉いっぽい人の入場。

この角度だとわかりにくいけど、守衛さんはMP5K的なものをぶら下げてます。

 

宮殿前の噴水ちゃん。

f:id:escape-r3-wot:20161016222226j:plain

 

f:id:escape-r3-wot:20161016222259j:plain

んでもって、公園。広いね!

 

という事で5日目終了です。

 

イギリス旅行のまとめ-その4-

4日目です。

 

4日目の目的はただ一つ

 ボービントン戦車博物館

です。

 

ボービントン戦車博物館は世界の戦車博物館の中でも屈指の行き易さだと思います。

行き方はほかのブログで書かれているので詳細は割愛します。

私も他の方の例に漏れず、事前にNationalRailsのサイトからチケットを手配しておきました。当日に販売機の前でごたごたしなくても良く心にゆとりができますね。

 

電車での移動はのんびりで、特にないもありません。

目的地最寄りのwool駅までも、ほぼ定刻通りの到着でした。

f:id:escape-r3-wot:20161010100055j:plain

wool駅の周辺です。何にもないです。カフェが1軒だけあったかな?

水や食料の調達は不可能ですので覚悟してください。

でも、博物館内には売店やレストランがあるので、なんとかなります。(当然ちょっとお高いですけどw)

 

駅から博物館への移動は、徒歩にしました。

...が、よほど健脚でない限りはほかの移動手段をおすすめします。

普通に歩いて40分くらい。しかも途中は坂があって、地味に体力を削られます。

博物館内も基本は立って徒歩移動ですから、体力を温存する意味でもバスかタクシーを利用てください。

f:id:escape-r3-wot:20161010095534p:plain

GoogleMapだとこうなるけど、これ、高低差を全く考慮してないので注意ですよw

 

バスの時刻表は博物館のHPに案内があるのでそっちを参照してください。

タクシーは、ほとんど駅前にいないとか、会えたらラッキーとか書かれたブログがありましたが、私の時は3台くらい駅前にいました。(じゃあ乗れよってはなしw)

この日は未明に雨があったようで、気温は14度前後、薄手のパーカーだけだたので、すっごい寒かったです。

f:id:escape-r3-wot:20161010093119j:plain

途中の橋です。牧場やらソーラーパネルやらいろいろあります。

f:id:escape-r3-wot:20161010093314j:plain

 

わかりにくいかもしれませんが、延々と続く坂です。

さすがにこれを見て「タクシーにしておけばよかった.」と思いました。

で、しばらくすると

f:id:escape-r3-wot:20161010095759j:plain

こんな感じで到着できます。

 

f:id:escape-r3-wot:20161010100349j:plain

展示台数が多いだけあって、結構広いです。

 

 全体見てまわって400枚弱写真撮りましたけど、すこしだけ。

 

ドイツ戦車から

f:id:escape-r3-wot:20161010100832j:plain

 これを見に来たといっても過言ではない。実働するって話のティーガーです

f:id:escape-r3-wot:20161010101035j:plain

パンターです。1枚だけ残っている板が痛々しい感じ。

f:id:escape-r3-wot:20161010101412j:plain

ガルパンで有名な4号。

f:id:escape-r3-wot:20161010101423j:plain

ヤークトティーガー。めちゃくちゃでかい。

f:id:escape-r3-wot:20161010101612j:plain

逆にめちゃくちゃちいさいルクス。

f:id:escape-r3-wot:20161010101439j:plain

たぶんWOTのドイツ駆逐では一番乗ったんじゃないかと思うヤークトパンター

f:id:escape-r3-wot:20161010101433j:plain

ティーガー2。ど迫力です。

f:id:escape-r3-wot:20161010101441j:plain

へったんかわいいよ。

f:id:escape-r3-wot:20161010102746j:plainおじさんの大好きなレオパルド。

 

お次はイギリス。

f:id:escape-r3-wot:20161010100952j:plain

チャーチル...だせぇw

f:id:escape-r3-wot:20161010102010j:plain

WOTのTire6だと強戦車なクロムウェル だせぇw

f:id:escape-r3-wot:20161010102143j:plain

トータス だせぇw

f:id:escape-r3-wot:20161010102217j:plain

ブラックプリンス だせぇw

f:id:escape-r3-wot:20161010102228j:plain

コメット だせぇw

f:id:escape-r3-wot:20161010103400j:plain

TOOOOOOOOG! でかい図体で隅っこに展示されていました。

f:id:escape-r3-wot:20161010102318j:plain

センチュリオン 第一世代MBTあたりからまともになったw

f:id:escape-r3-wot:20161010102359j:plain

 正直 チャレンジャー2はかっこいいと思う。

 

後は適当にあげときます

f:id:escape-r3-wot:20161010102937j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010102956j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103005j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103016j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103033j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103041j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103055j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103102j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103109j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103124j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103137j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103156j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103204j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103215j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103217j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103242j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103256j:plain

f:id:escape-r3-wot:20161010103319j:plain

 

 という感じで。

一回りして、売店でお土産かって帰ってきました。

ちなみに、帰るときは売店でダクシー一台呼んでねって言えば手配してくれます。

 

 

イギリス旅行のまとめ-その3-

3日目です。

 

3日目の予定は

 トラファルガー広場+ナショナルギャラリー
 大英博物館

 FORTNUM & MASON(お土産でも買おうかと)

の3点です。

 

まずはナショナルギャラリーです。

前日のチケット受け取り(損ない)のときも来ていたので、2度目の訪問です。

f:id:escape-r3-wot:20161008171321j:plain

館内の写真は割愛します。

撮影して良い作品もあるんですけど、なんとなく写真に収めるのがためらわれたので。

展示数と時間の兼ね合いで、代表的なものだけ見て回りました。

部屋番号がついていても部屋数が多くてすごい大変。それでも2時間ちょっとで見て回りました。じっくりみたら1日や2日じゃどうにもならなってのは本当だなーと時間。

 

お次は大英博物館

f:id:escape-r3-wot:20161008171326j:plain

こっちも全部見て回るのは不可能なので、代表的な展示物と、季節の特別展示だけみて終了。

こっちはいくつか写真撮影したけど割愛します。

 

全体としては、さっすがすげーなと。

ただ、ナショナルギャラリーは別としても、大英博物館の展示物って、大英帝国時代に各自から強奪したものだと思うとちょっと微妙な感じがしました。

ただ、逆にこれらが現地そのままにあったとしても、壊れたり朽ちたりして失われていたかもしれない可能性を考えると功罪半々だなって気持ちになりました。

 

文化的な好奇心が満たされてちょっと賢者モードになったところでお土産を購入します。目的地はピカデリーサーカスにあるFORTNUM & MASON(で、オサレなデパートです。

紅茶やコーヒー、クッキー、ビスケット、チョコレート、酒類などが販売されていました。ちょうどハロウィンの前だったので限定商品とかもあちこちにありました。

購入したのは個別包装で配るのにちょうど良い28ピースのチョコレートです。

 

で、一端荷物をホテルにおいてから再度外出。

ちょいとお高めのレストランで食事しました、£40くらい。

さすがにこの値段になると、値段相応においしいです。

比べるのも申し訳ないですけど、サンドイッチと総菜すら不味いイギリスにおいては奇跡的な美味さでした。

 

という訳で訪問後初めて食事に満足しつつ3日目終了です。

イギリス旅行のまとめ-その2-

2日目です。

 

2日目の予定は

8:00 出発(→Paddington)
8:30 セントポール大聖堂&ミレニアム橋
11:00 移動(→St pancras)
12:15 St Pancras
13:24 Leicester
15:00 キングパワー・スタジアム(試合は17:00まで)
18:00 Leicester

こんな感じ。

朝は普通に起きましたが、時差ボケ的なものがあって本調子じゃなかったですけど、時間も限られている知って事で最初の目的地であるセントポール大聖堂へ。

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚式で有名なあそこです。

f:id:escape-r3-wot:20161008164334j:plain

↑は正面。

St Pauls Stationに到着して、裏側を回ってミレニアム橋言って、それから正面に回りました。

ちなみに、ミレニアム橋からみた大聖堂は

f:id:escape-r3-wot:20161008164527j:plain

こんな感じ。

観光客向けの公開も始まってたけど、中にはあんまり興味がなかったので周囲だけ見て終了です。

f:id:escape-r3-wot:20161008164654j:plain

大聖堂の中庭にいたリスです。

ロンドンで結構大都会なんですけど、緑が結構あってこういう遭遇がしばしば。

 

このあとナショナルギャラリーの近くにある、ロンドンパスの引換所に行ったのですが、痛恨のミスでパスポートを持ってくるのを忘れ引き替えできず。

てか、外国人がパスポート携帯してないってアウトじゃね?w

という事で単純に無駄足になってしまいました。

 

気を取り直してSt Pancrasに移動。ちょうどお昼って事もあって、駅内のM&S(またかw)でお昼を購入して駅内で昼食を済ませました。

f:id:escape-r3-wot:20161008170300j:plain

 St Pancras駅には回転寿司があって、とっても不味そうでしたw

現地の人かはわかりませんが、そこそこ繁盛してたのですけどあれを「寿司」だと言うのはちょっとなー、って感じ。

 

さて、食事をしてから構内の販売機で事前に購入していたチケットを受け取りLeicesterに向かいます。チケットはNationalRailsのサイトから購入できるので事前購入をおすすめします。

 

1時間ちょっと電車にゆられるとLeicesterに到着です。f:id:escape-r3-wot:20161008170306j:plain

 

乗り換えなしで行けるのでこれで迷う人はいないと思う。

Leicesterはいかにも地方都市って感じのそこそこ発展してるけど落ち着いた街って感じでした。

駅にはLeicesterサポがたくさんいたので、スタジアムまでは着いていくだけのイージーゲーム...だと思ったのは最初だけでした。

まず、駅からスタジアムまで遠い!徒歩30分くらい。しかもそこそこ早足でw

現地人の移動速度がすけー速いので着いていくだけのはずが、結構なエクササイズになってました。これがコンパスの違いってやつか!f:id:escape-r3-wot:20161008170319j:plain

まぁ、問題なく到着するんですけどねw

入り口前の売店でユニを購入。岡崎を買おうと思ったけど見当たらんかったので、普通のを購入。よく考えたらタオマフで良かったなと思ったけど、アフターカーニバル。

f:id:escape-r3-wot:20161008170332j:plain

中はこんな感じ。意外とピッチまで近くてよかったという感じ。

試合はレスターが3-0で勝利。大いに盛り上がってました。

現地サポのみなさんはすげー熱くて。浦和が爆心地のリズムで一体化するけど、あっちは自然と一体化してる感じだった。

特に合図とかなくても、プレーの後にきちんとチャントが入ってしかもそれがそろってるという凄技でした。

で、試合後は往路と同じ距離を徒歩で移動。

帰りの電車の時間は余裕をもっていたのでのんびりと。

 

夕食の買い物をしてホテルに戻った時には20時くらいでした。

これで2日目は終了です。

イギリス旅行のまとめ-その1-

 

2016年9月16日からシルバーウィークを利用してイギリス旅行をした記録です。

日程は

9/16 HNDLHR

9/17 プレミアリーグ(レスター)観戦

9/18 ナショナルギャラリー、大英博物館)

9/19 ボービントン戦車博物館

9/20 市内名所観光

9/21 LHRHND

という感じです。

 

イギリス旅行の目的は日程の通り3点あって、

1 プレミアリーグ観戦

2 ボービントン戦車博物館

3 市内観光

4 グラストンベリー観光

でした。

残念ながら4のグラストンベリーは日程の関係で断念しました。

 

--初日--

 

8:50発のブリティッシュエアで羽田を出発します。

 f:id:escape-r3-wot:20161008095245j:plain

ヒースロー空港に到着したのは13時(現地)頃。ほぼ定刻通りの到着で、遅れるのデフォと聞いていたのでちょっと拍子抜け。(遅れなくて良かったんだけどw)

機内食は不味かったけど、フライト自体も特に問題なかったです。

座席はトイレの近くにしたんですけど、多少のざわつきはあるけど、音楽聴きながら寝てたらそんなに気になりませんでした。

ただ、こんなに長く飛行機に乗った事がなかったので、さすがにしんどかったです。

おしりが痛くなるので、次回は対策しようかなと思いました。

そんなこんなで到着した訳ですが、ヒースロー空港が広くてびっくりした。

到着ロビーから荷物を受け取るのに地下鉄に乗るとは思いませんでしたw

ちなみに、ヒースロー空港の入国時に質問が面倒くさいって話も聞いていたのですが、何日滞在するか、訪問は初めてかとか、帰りは日本かなどしか決まれませんでした。

結構対策したつもりだったので、ここでも拍子抜けw

 

空港からホテルまでは地下鉄を使いました。

1回乗り換えで4,50分くらいかな?結構時間がかかったし、基本たちっぱなしだったので地味に疲れました。

ちょいとお高いですが、ヒースローエクスプレスの利用をお勧めします。

 

ホテルはBayswaterにあるホテルにしました。

日本だとビジネスホテルに相当する感じでしょうか。全体的にロンドンのホテルは高いので、もうちょっと上のランクを期待しそうですけど、まぁ、こんなものかなという感じです。日本なら1泊5000円くらいかな、ってレベルです。

部屋はめちゃくちゃシンプルで、とほんとものがありません。

液晶テレビが設置されてますが、放送は英語です(当たり前ですがw)。

ただ、耳が慣れるのが早くなるので、ニュースチャンネルを垂れ流しにしてました。f:id:escape-r3-wot:20161008095300j:plain

 

で、空港で1つミスをしてまして、SIMを購入するのを忘れてました。

結構いろいろ調べてたんですけどね。

仕方ないので、ホテルの無線LANを使って近所のEEショップを検索して、チェックイン後早々に外出してSIMを購入にいきました。

英語全然だめですけど、「Pay As You GoのSIMカードがほしい」と伝えたら、「何日使うんだ」って聞かれるので、「1週間」と答えて無事購入。ネットからTopUpできるらしいんですけど、これがトラブって面倒な事になるとはこのときは気づきませんでした...

 

その後近所のM&S(日本でいうところのイオンみたいなスーパーマーケットです)で、夕食用にサンドイッチと総菜を購入してホテルに戻りました。

 

ネットで事前に調べていたことのおさらいをして、明日のレスター戦のチケットを受け取って初日は終了です。